agaと円形脱毛症の違いとは

agaと円形脱毛症はどちらも髪が薄くなってしまうものですが実際にはこの両者は全く違うもので、原因や症状に違いがあります。agaは男性型脱毛症とも言われていて、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンへと変換されます。ジヒドロテストステロンは髪を作るための細胞分裂を抑制し、本来ならまだ伸びるはずの髪の毛の成長期間を短くしてしまいます。それによって髪が抜けてしまうのです。agaの特徴は、症状が前頭部や頭頂部のどちらか、もしくは両方からスタートすることが多いという点です。これは5αリダクターゼが多く分布しているのが前頭部や頭頂部になるためです。治療をおこなう場合には内服薬や外用薬を利用して5αリダクターゼの働きを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するという方法が主にとられています。それに対して円形脱毛症は10円ハゲと言われるように10円玉程度の大きさで髪の毛がすっぽりと抜けてしまう状態のことで、頭皮のどこにできるかはその人によります。原因はストレスだと言われていますが、他にも免疫機能が何らかの原因で自分の髪の毛を異物だとみなして攻撃してしまった自己免疫疾患が原因のケースもあります。症状がないことも多いので自分では全く気付いておらず、美容院に行ったり家族に指摘されて初めて本人が気が付くことも多いです。治療に関してはステロイド薬の内服や注射、局所免疫療法がおこなわれます。AGA費用も気になるかと思いますので、入念に検討していきましょう。